更年期障害サプリランキング!間違えないサプリの選び方

更年期障害と言う言葉自体はなんとなく聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、実際に「更年期障害かも?」と判断するほどの知識がない人が多いと思います。そこでまずは、「更年期」と言う言葉から学んでいきましょう。

更年期は、生理が歳と共に終わる前後の期間を指し示します。一般的には45~55歳が日本人女性に多い期間と言われています。

その時期に起こる体の不調を「更年期障害」と呼ぶのです。

体の不調は人それぞれ違いはあるものの、多くの方は「顔のほてりやのぼせ」、「発汗」、「動悸や息切れ」、「立ちくらみやめまい」、「手足のしびれ」、「肩こりや腰痛」、「イライラ」、「不眠やうつ」などの症状を発症します。

更年期障害サプリの選び方について

更年期障害に有効な成分がサプリから得られるのは朗報ですね。

しかし、今まで薬は飲んだことがある人でも、サプリを飲んだことがない人もいるでしょう。薬剤師が選んでくれるようなシステムはないため、たくさん販売されているサプリの中から効果的な商品を選ぶのは難しいです。

せっかく買ったのに効果がなければお金と時間の無駄使いになってしまいます。飲み続けることも重要なポイントとなるため、自信を持って商品は選ぶべきです。

そこで、更年期障害サプリの選び方を解説していきます。ポイントさえ掴んでしまえば、さほど選び方で迷うことはないため、購入する際の参考として覚えておきましょう。

配合成分を確認

最も重要となるのが先ほど紹介した配合成分がしっかり含まれているかです。見方は簡単です。サプリの裏に記載のある原材料をチェックしてみましょう。

原材料は、どのサプリでも基本的に配合量が多い順番で記載されています。もし、見たことのないようなカタカナや数字が混ざっている名前が上部に記載されている場合は要注意。

添加物の疑いがあります。効果のある成分が上部に記載されているか、このポイントだけ抑えて配合成分を見てください。

飲みやすさを確認

どうしても避けられないのが有効成分自体が持っている苦みや薬臭さです。口に入れたとたんにおもわず吐き出したくなるような独特な風味を持ったサプリも多いのは仕方ありません。

しかし、更年期障害サプリの多くは錠剤タイプ(タブレット)が多いです。中には苦みなどを感じないようにコーティングされているものも多く販売されています。

薬が苦手な人は、飲みやすいように加工されているタイプを選びましょう。袋に記載があればわかりやすいですが、中にはどのような錠剤か書いていないサプリもあります。

その際は、原材料の中に「マイクロクリスタリンワックス」「パラフィンワックス」「シェラックス」等記載がないかチェックしてみましょう。(代表的なコーティング剤です)

1日あたりにかかるサプリの価格を確認

サプリは飲み続けることで効果を発揮します。早い人なら1ヶ月、一般的には3ヶ月を目安に効果が現れる人が多いようです。

そのため、1日あたりにかかる価格も選ぶ際に注意しなければなりません。

有効成分がたくさん配合されているサプリほど効果も価格も高くなってきます。しかし、続けなければ意味がありません。自分にとって必要な成分が最低限配合されていれば問題ないため、無理なく続けられる価格のサプリを選ぶようにしましょう。

更年期障害サプリランキングBEST3

高麗美人
更年期障害の悩みを低価格でサポートしてくれるのがこの高麗美人。高麗人参に多く含まれている「サポニン」が免疫力アップを手助けしてくれます。

評価
通常価格 3,024円

 

キレイ・デ・エクオール
更年期障害に効果的とされている「エクオール」が多く含まれているキレイ・デ・エクオール。1日で推奨されている10mgという分量をたった2粒で補えます。

評価
通常価格 5,980円

 

ノムダス
一粒一粒が飲みやすいサイズで製造されているノムダス。出産後や育児中のお母さんに喜んでもらえるように配慮しています。

評価
通常価格 6,980円

 

なぜ更年期障害は起こるのか?

なぜ更年期障害が起こるのでしょうか?

その関係には、女性ホルモンと呼ばれているエストロゲンが大きく関わっています。エストロゲンは生理を迎える準備が始まる8歳くらいから卵巣で分泌が始まります。

そして、生理を迎える12歳前後に分泌量が増えて、出産できるような体作りが整う20代~30代半ばにピークを迎えるのです。

その後、歳と共に分泌量が減り、生理が終わりを迎える40代後半くらいに一気に減りることで更年期障害を発症させると言われています。

脳がエストロゲンの分泌を促しているのに、体はエストロゲンが作れなくなっていることによるギャップにより自律神経が乱れて症状が現れてしまうのです。要するに、エストロゲンがなくなることで更年期障害が起こってしまうと言うわけです。

その他にも、歳と共に抱えるストレスや環境の変化等も大きく関わっていると言う説もあるようです。しかし、歳のせいなら仕方がないと諦めることはありません。

エストロゲンのような働きをする成分や、更年期障害で起こる症状を緩和させるサプリを飲めば悩みは解決できます。それでは、次の項ではどのような成分が更年期障害サプリにふくまれているのか、効果と共に詳しく解説していきます。

更年期障害サプリの主な成分・効果について

更年期障害は、なった人にしかその辛さや苦労はわかりません。風邪をひいたりお腹を壊したりと言ったような症状とは違い、はっきりとした回復の傾向がないためです。

そのため、曖昧にしがちですが、サプリを上手に活用しながら、少しずつでも体の回復や負担を減らしていきましょう。次の日には熱が下がってスッキリしたような即効性のある症状の変化は少ないですが、更年期障害の症状を和らげる手助けになってくれます。

サプリには、自律神経に作用する成分はもちろんですが、エストロゲンに似た成分や美容効果をアップさせる成分も含まれています。

いつまでも綺麗でいたい女性の気持ちに寄り添った商品も多く販売されています。さらに、元気に過ごせるような肉低的症状をサポートする成分も豊富です。

それでは、代表的な成分をいくつかご紹介していきます。

ミドリムシ

小学校の頃に顕微鏡で見たことのある人も多いでしょう。ミドリムシは別名ユーグレナとも呼ばれています。ミドリムシは、動物と植物の性質を併せ持った単細胞生物です。と言うことは、栄養素も2倍。

動物性・植物性の栄養をを持っているスーパーヒーローなのです。

その栄養素の数はなんと59種類。人の体では作れない栄養素がたっぷり含まれています。主な栄養素は「パラミロン」「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」「不飽和脂肪酸」です。

なかでも、ミドリムシにだけ含まれている成分「パラミロン」には、自律神経を整えて免疫機能を調整する作用が含まれています。更年期障害の原因となる自律神経に働きかけてくれるため、多くの更年期障害サプリに含まれている成分です。

また、ミドリムシに含まれているアミノ酸の一種「トリプトファン」は鎮静作用があるため、ストレスや心を落ち着ける働きをなしてくれるので、心の緩和にもしっかりアプローチしてくれます。

高麗人参

「不老不死の薬」や「万能薬」として中国で4千年以上も前から漢方薬として重宝されてきたのが高麗人参です。その中に含まれている「サポニン」と呼ばれる成分も更年期障害へ効果を発揮する成分として有名です。

メインとなる効果は、女性ホルモンの減少により乱れた自律神経を調整しながら回復させていくこと。まさに、更年期障害のための成分と言えます。

また、高麗人参は、自律神経を調整することが主な働きのため、女性だけではなく男性にも起こり得る更年期障害にもしっかり働きかけてくれます。

大豆イソフラボン

大豆の胚軸(発芽した苗の茎のこと)に含まれる成分が大豆イソフラボンです。女性の美容や健康に役立つ成分として有名ですね。

理由は、エストロゲン(女性ホルモン)と似た働きを成してくれるからなのです。更年期になり減少し始めたエストロゲンの代わりとなって、ホルモンのバランスを整えてくれる女性のための成分と言えます。

症状を緩和しながら更年期障害が起きにくいように予防してくれる効果があります。歳をとって崩れ始めた肌のハリや体型にもアプローチしてくれます。

また、腸内で大豆イソフラボンに含まれる成分「ダイゼイン」が代謝されて「エクオール」と呼ばれる成分に変化します。

エクオールも同じようにエストロゲンと同様の働きをしてくれるため、更年期にさしかかった女性にとって大豆イソフラボンがいかに重要であるかがわかります。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、働き蜂が花粉を元に体内で合成して分泌した液体です。よって、蜂の巣の中で濃縮されたはちみつとは別物になります。

ローヤルゼリーには「デセン酸」と呼ばれるローヤルゼリーにしか含まれないと言われている成分が配合されています。このデセン酸が、エストロゲンに近い働きをするため、更年期障害に有効な成分として注目を浴びているのです。

また、自律神経のバランスを整えるアセチルコリンも含まれているため、ダブルの効果が期待できると言うこともあり注目を集めています。

プラセンタ

シミやシワの予防や活性酸素を除去する働きのあるプラセンタは、美容だけではなく更年期障害にも有効な成分です。

美容以外の効果としては、血圧の調整や自律神経を整える効果、ホルモンバランスを調節してくれるなどが挙げられます。

更年期障害で起こる肩こりや腰痛なども、血行を促進するプラセンタによって改善が期待できるようです。

更年期障害サプリはどんな人にオススメ?

更年期障害は、サプリ以外でも改善させる方法はあります。女性ホルモンの急激な減少によって発症するため、補えるような食生活を送ることです。

日本人にとって馴染みのふかい和食をメインにした食事を心がけることでも改善が期待できます。和食によく使われる大豆によって、大豆イソフラボンが補給できるためです。

また、軽い運動を心がけることも改善に繋がります。ストレス緩和や免疫力を高めて身体的・精神的に良い方向へと変化させることができるためです。さらに、医療機関にてホルモン補充療法や心理医療を受けるのも手段の一つです。

しかし、誰もが食事や運動、医療機関への受診ができるとは限りません。仕事や家事に追われる毎日を過ごしていたら、なかなか自分を労わる時間も取れませんね。

そんな人には断然サプリがオススメです。毎日空いた時間に飲むだけなので、時間を取られることもなく続けられます。「飲まなければ!」と身構える必要もないため、ストレスもありません。

更年期障害は、自分に負担をかけてしまっては悪化する一方です。無理なく続けられる自分なりのスタイルを見つけることが重要です。

更年期障害サプリに副作用はある?

更年期障害サプリを毎日飲み続けて、辛い症状を早く緩和させたいですね。そこで気になるのが副作用です。続けなければ効果が出ない分、体にとって飲み続けることで害はないのか気になります。

効果を信じながら飲むためにも、不安は消し去りたいものです。

そこで、副作用はないのか調べてみました。サプリの副作用でよく挙げられるのは、肝臓や腎臓に起こる不調です。

ただこれらは、いろんなサプリを同時に摂取した場合や、何が配合されているかよく分からないサプリを飲み続けたことにより起こっている不調のようです。

自分にとって最低限必要な成分が配合されているサプリを規定量内摂取する、原材料や製造メーカーがしっかり把握できるサプリを選ぶ、などで回避することはできます。

また、胃が痛くなるような症状は、空腹時に摂取して起こることが多いようです。栄養素によっては食前に飲むと効果が高いとも言われていますが、薬ではないため規則や制約はありません。

よって、胃痛を感じた時は食後に飲むようなリズムに変えることで回避できます。

更年期障害サプリの飲み方は?

更年期障害サプリは、メインとなる成分がある程度決まってきます。

「ミドリムシ」「高麗人参」「大豆イソフラボン」「ローヤルゼリー」「プラセンタ」です。それぞれの成分によって、効果が上がる飲むタイミングは違っても、飲み方は同じです。

基本的には、サプリは水か白湯で飲むのが一般的です。しかし、食後など、コーヒーやお茶と一緒に飲む人も多いでしょう。

実は、成分によってはカフェインやタンニンが栄養素の吸収を阻害してしまう場合もあります。できる限り水や白湯で飲むように心がけましょう。

また、サプリは薬とは違い「1日2~4錠」など、細かな錠数の指定はありません。1回でまとめて2錠飲んでも良し、小分けにして1錠を朝晩飲んでも良いのです。

また、自分の体調やリズムに合わせて2錠にしたり4錠に変えても問題ありません。

効果が上がるとされる飲むタイミング

絶対にこのタイミングで飲まなければいけないと言う決まりはありません。あくまでも、効果アップが期待できるタイミングとして頭に入れておきましょう。

  • ミドリムシ…就寝前、起床時
  • 高麗人参…食事の30分前
  • 大豆イソフラボン…食後
  • ローヤルゼリー…食後
  • プラセンタ…就寝前、食事の30分前

※必ずしも効果が上がるとは限りません。また、体調などに合わせて調節しましょう。

更年期障害サプリで元気を取り戻そう!

更年期障害は、誰にでも起こり得る症状です。外に出るのも億劫になり、家の中に引きこもりがちな人も多いでしょう。

そんな人にこそ、更年期障害サプリをおすすめします。もちろん、運動や食生活の改善も必要ですが、まずはサプリに含まれる成分を活用してホルモンバランスを整えて元気を取り戻しましょう。

飲むだけなので、面倒な手間もありません。

その上で、自分にできることはないか見つけて行けば良いのです。ストレスを解消する趣味を見つける、友人と会う機会を設けるなど、外に出るようなきっかけを見つけてみましょう。

心と体が晴れれば、更年期ともしっかり向き合える強い心を得ることができます。あなたの更年期障害が緩和できることを願っています。